バリにVOAビザ延長で2か月滞在方する方法|代理店or自己申請

バリにVOA観光ビザで
2ヶ月滞在する時

魅力多いバリに

「1〜2ヵ月位滞在したい!」という人は、少なくないハズ

例えば、、

「ハウブドにヨガ滞在」
「クタ毎日サーフィン」

とか

「バリに移住しようと下調べ」等···

人生のリセットにバリ島に長めに滞在したい時、気になるのが「ビザ」ですが···

はじめ何回聞いても、意味が解らなかったんです。

インドネシアのビザの種類は多く

「VOAボア」「KITASキタス」だ「ビザ無し」とか

言葉の意味が理解できず、

「サラッ」と自分に必要な情報を掴むことが出来ませんでした。

そこで

今回はバリ島に2か月まで観光目的で滞在する時のビザ

「VOAビザ」につ いてのまとめです。

インドネシア「観光ビザ無料」て何

インドネシアでは「無料ビザ」は無い!

原則

「バリ島に無料ビザはありません」

何故なら

「ビザとは入国の審査と許可証明」の事

バリ空港の入国から話を始める事になりますが

インドネシアでは日本を始め30カ国の人々にバリ他5つの空港からの入国で、観光滞在30日までなら「ビザは免除」です。

なので

「ビザの審査自体していない」のでビザの代金は無料なんですね。

空港でのビザの詳しい話はこちら⬇

バリ空港VOAビザ 35$支払う到着ビザ

バリ島の入国する時

「到着時に入手する観光ビザ」があります。

パスポートと一緒にもらうVOA半券

VOAボアと呼ばれる
Visa On Arrival
の略

「到着ビザ」です

30日以上の観光目的でのバリ滞在で、空港到着時に到着日から30日分取得でき

デンパサール空港で入国審査前に「VOA到着ビザを35$」で入手します

そして次の章からは、VOAの到着ビザの延長方法のついてです

スポンサーリンク

VOAビザ延長の料金と日数

VOAビザ延長手続きの必要日数

空港で入手したVOAビザは期限が30日です

空港で取得したVOAビザの有効期限、10日前までには手続きをしたほうが良いです。

入国管理局での手続き必要日数は「最低7〜10日」

VOA延長手続きを、申請から完了までの「必要な日数」

時間はあっという間に過ぎてしまいますので、早めに手続きを

 

VOAビザ手続き費用

申請費用は?

合計【約60$ 】

内訳は

·空港で到着時VOA代:35$
·延長手続き代:約25$

----------  ---------- ----------  ----------

※別途費用

イミグレ入国管理局へ3回行き手続きする必要があるので、別に滞在先からの3往復分交通費が必要となります。

バリ島ビザ延長手続き2つの方法

その①自己申請

·メリット
代理店への手数料を払わなくて済む。

·デメリット
計3回入国管理局に行く必要がある。

1回目:申請
2回目:インタビューと写真撮影
3回目:手続きが完了したパスポートの受け取り。
の合計3回自分の足で管轄の移民管理局へ

その②現地代理店に依頼

·メリット
申請用紙の記入や支払い等、細かな事を代行してもらえる。

直接自己申請だと、3回も入国管理局に行く必要がある所、1回だけインタビューに出向けば良く時間の節約に。

·デメリット

代行手数料が必要

80$〜100$位ですが各代理店によってサービス内容と手数料は違なりますが、いわゆる「コミッション」手数料がとられます。

バリでVOAを自己申請する時

VOAビザ延長手続きに必要なもの

·Voaビザを取得して入国したパスポート
·手数料約25$
·出国時の航空券

バリ島でのVOA自己申請詳細

自己申請の大まかな4つの流れ

①用紙を記入してビザの延長を申請、パスポートを提出
②料金の支払い
③インタビューと写真撮影
④手続き完了後のパスポートの受取

①Kantor滞在先の管轄のイミグレにGO

申請用紙に記入して、パスポート、出国チケットのコピー揃えて提出。

料金約25$(現地通 貨355rp)を郵便局等金融機関で支払う
デンパサール事務所の郵便バスこちらで支払いを

支払い領収書を入国管理局の窓口に持っていくと、通常申請日から3、4日(営業日)後の 写真撮影とインタビューの日時を指定される

②インタビュー

·待ち時間が長い

指定の時間は午後になりますが、多くの人が順番待ちしているので、「受付番号」を早く貰うことが大事です。

どの位かというと、私が午後14時行った時受付番号で換算すると、25人の人が待っていました。待っていた時間が45分程。

待ち時間は大抵1時間位のよう。

·インタビューの内容

インタビューでは、「写真撮影と指紋の捺印」もあります。

自分の番号を呼ばれたら、小部屋に入り、指定された窓口で係員と質疑応答

写真撮影と、指紋登録を会話の合間に進めます。

·インタビューの注意点

パスポートの写真ページでの本人確認、氏名、バリの滞在先、滞在
目的の質疑応答がありまう。

バリで収入を得ていない、働いていない事がポイントなので、仕事をしに来てるとは言わないように要注意。

③受け取り

インタビューの日から通常3,4日営業美でVOA延長手続きは完了となりパスポートを受け取りに。

バリでVOAを代理店に依頼する時

手数料を払う以上「メリットの有る無し」が利用するポイントですが

VOAの延長手続きには

「イミグレから遠い場所」に滞在している人は代理店に頼んだほうが絶対良いです。

理由は代理店依頼なら

「タッタ1回インタビューの時だけ」移民管理局に出向けば良いからです。

これが

自己申請だと3回イミグレに行くので、交通費も時間もカナリなものになります。

なので旅行代理店に依頼できるのは、イミグレから遠い滞在先がウブドの私には大助かりです。

ウブド市内の旅行代理店

※上の章の「バリ島VOAを自己申請で手続する時」参照、①〜③の申請プロセスで②インタビューのみでよい

注意点

延長申請デッドラインは?
10日前でしょう

VOAビザの延長手続きは、申請から完了まで10日程は観ておきたい。

入国した際のVOAビザの有効期限日があるので、その期限前に手続きする必要があるからです。10日前まででしょう。

祝日が多いので注意

頻繁にバリの祝日があります。

土日を挟むと「週5営業日の内の営業日が少く、連休」のようだったり、予期せぬ事が起きたりするので余裕を持って申請した方がよいです。

極端な話「VOAビザで入国した翌日に手続きに行っても良い位」です。延長期限がギリギリだとと、焦らないとなくても良いからです。

バリ島イミグレーション情報詳細

☎+62(0)361227828

公式FB:
https://www.facebook.com/imigrasidenpasar/

※注意点
休日が意外と多いです、バリのカレンダーの祝日に注意、又PCの不調で急にインタビューなどが中止になることも在るので、遠くから行く場合事前に確認をしたほうがいいです。

デンパサール事務所の営業時間

 


‚営業時間:
8時〜16時休館日:土日祝
上は基本的な開館時間

曜日、申請内容によって受付時間が変則的。

·延長申請:〜PM:14:00
‚インタビュー:〜PM:16:00

·パスポート受け取り:PM:13:00〜PM:15:00

・注意点
金曜日だけ営業時間·ランチタイムが違います。良くわからない場合電話で確認を。

デンパサール移民管理局

移民管理局 管轄:
ウブド等バリ北西部

住所:
Denpasar OfficeKantor Imigrasi KelasJl. D.I Pandjaitan No.3, Dangin Puri KelodDenpasar Timur, Bali 80235

[デンパサール移民管理局周辺地図]
[map address="Denpasar OfficeKantor Imigrasi KelasJl. D.I Pandjaitan No.3, Dangin Puri KelodDenpasar Timur, Bali 80235" width="100%" height="300px" api="AIzaSyDsXswf5cH0Nub-kXYZhaX7TelIjbZdEE0" theme="" class=" dp-map-centered" zoom="18" draggable="true" controls="true"]by Google map

 

ジャンバラン移民管理局

移民管理局 管轄:
クタ·スミニャック等のバリ南部

[ジャンバラン移民管理局周辺地図]
[map address="jalan perum taman jimbaran, Jimbaran, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali 80361" width="100%" height="300px" api="AIzaSyDsXswf5cH0Nub-kXYZhaX7TelIjbZdEE0" theme="" class=" dp-map-centered" zoom="18" draggable="true" controls="true"]by Google map

ブログランキング応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事