バナナの花を、初めて食べてみた

バナナの花 実との出会い

はじめサラダだと思ったんです。バナナの花を見た時に。

お馴染みの果物黄色いナナのをバリ島ウブドのオーガニックマーケットで発見しました!!

南国のフルーツや野菜が一杯

この日は、このマーケットでサラダを買おうとお野菜を探している時見つけたのがバナナの花でした。

はじめ、、、、

バナナの花

アーティチョークという、フランスのサラダとして食べる野菜に似ていると思いました。

アーティチョークは丁度このバナナの花のような形です。

色が、薄い黄緑色と白い色で、蕾型の小さなサラダです。

で、このバナナの花を売っていたお姉さんに、アレコレ聞いてみました。

そうるすと「サラダでも食べれる」という話でしたので買ってみることに!

それで、バナナの花情報を、ネットで検索したり、現地のバリの人に聞いてみたりしました。

で色々な情報収集をしたのですが、

東南アジア、タイ、インドネシアで食べられていて(バナナの産地ですね)生で食べたり、お料理では、風味づけに使われている事。結構細かな、下ごしらえが必要な事。色々な食べ方が有ることが解りまとめてみました。

赤い色のバナナの花に緑の小さなバナナが可愛い

スポンサーリンク

バナナの花の食べ方

バナナの花のレシピ

主に風味付け、風味付けに使うようです。バナナの花の特徴は甘い香りとまろやかさ。少しバニラみたいな風味づけに使う香料に似ていると思います。バニラよりは甘い香りが微小ですが。なのでレシピはカレーなどが多いよう。バリ島ではラワールという野菜とココナッツスライスの和え物に混ぜ込んで食べたりもするそうです。

■バナナの花の調理方法

・サラダ
・カレー
・アジア風和物
・アジア風煮物

バナナの花の栄養

バナナの花の栄養価は大変高く、思いがけない効果もあり、特に女性に嬉しい野菜。

鉄分、カルシウムが豊富なので貧血に良い。
母乳の出を良くする働きがある。
・血糖値抑制作用有り、糖尿病に◎

■バナナの実の栄養

お馴染みのバナナの実の栄養ですが、バナナの花にも同じ栄養素が含まれています。

・カリウム、
・マグネシュウム、
・葉酸
・ビタミンB群1,2,3,6
・セラトニン(神経伝達分質)

バナバの花調理方法

衝動買い?したこの「バナナの花」

どうやって食べるとか?どんな味なのか?栄養ってあるのか?

興味津々でした。

バナナの花 サラダ

マア今回は初めての事でしたからシンプルに、生で食べることに決定。

まずは、、興味津々でバナナの花のえんじ色の花びら(?)葉っぱ(?)を一枚剥いてみると、、

思っていたような、ただのサラダ用のお野菜とは違い

、、、、、、

、、、、、、

、、、、、、

一枚の花びらの下にバナナの赤ちゃんと思われる、マッチ棒のような芯が10個位潜んでいました。写真の小さな白いえのき茸のような部分が大きくなると、お馴染みの黄色いバナナになるんです。

で。。

延々と向き続けると、バナナの花の中はず〜〜〜っと同じで、花びらにバナナの赤ちゃんがあり、バナナ曼荼羅のようでした。

食べようと思って、花びらを剥いてみましたが、バナナの中は不思議な世界が広がっていました。

その中心、食用の所はクリーム色の芯。

一輪?のバナナ花の中に合計赤ちゃんバナナ60本発見

1つのバナナの花に、えんじ色の花びら6枚、一枚一枚の花びらに隠れて約10本の赤ちゃん?のバナナ。

香りは爽やかで、かすかに甘い。

アロマオイルにしても、ステキなくらいの匂いですが、カナリ微小な匂いでした。

 

バナナの花調理する前の下ごしらえ

花びらのような外側の皮を剥いて中の芯だけを食べるので、芯の部分を薄くスライス。(生だと薄いほうが良い)
アクが強く苦味があり変色するので、レモン汁をかける、酢水に浸すなどしてアクの処理をする。

バナナの花 入り南米風サンドイッチ

シンプルに、食てみるという事で調理方法は、サラダっぽく

トルティーヤとう南米風のサンドイッチの中身に混ぜてみることに決定。

出来上がった!バナナの花のトルティーヤです。オクラと酸味のあるお野菜がマッチ。私は今回初めてで生でバナナの花をで食べてみましたおいしく頂けました。

■バリの恵みトルティーヤ

バナナの花の自然の力が、モリモリ美味しい

トルティーヤの中身の野菜

①バナナの花、タマリンド(トマトに似た野菜)、オクラの和物
バナナの花:下ごしらえして、薄切り

他のバリの野菜:
タマリンド:皮を向き小さく刻む
オクラ(下茹でした物)

味付け

・塩コショウ
・ライムの絞り汁
・オリーブオイル

②アボカドペースト

・アボカド
・にんにく、すり下ろし
・ゴマペースト
・塩コショウ

③トルティーヤの皮

トルティーヤとは?
南米の薄く焼かれたパン。チャパティより柔らかく大きい。自然食品店、エスニックフード店で手に入る。

バナナの花 味

バナナの花の味わいは?

バナナの果物とバナナの花は別物です。

果物のバナナの実は、太陽の光を浴びて糖度が増し甘〜い味になりますが、バナナの花の味は甘いといえません。

言葉で表現するなら「バナナの甘い風味がある」といえ私の感覚ではバニラエッセンスに近いと感じました。このバナナの花の風味の特徴は繊細な甘みと香りです。

バナナの花の実際食べる実は繊維質の芯の部分で、生で食べるときは薄切りにすると独特のシャリシャリした食感が楽しめます。

サラダで食べる時「繊維質でシャリシャリしていて甘い香」を生かして例えば、タイ風にエビを合わせると良いのかなと良いかもなと思いました。

バナナの花は特にメインになる食材ではなく、添え物で薬味的な使い方をします。ただメインで食べる繊維質の実の部分は分量が有るので薬味ともやや違います。

バナナの花を加熱調理して食べる時は、カレー、ココナッツミルク煮など、風味づけに独特の甘い風味を生かすと良く南国のお決まりレシピにもそんな風に使われている事が多いようです。

バナナの花食べる時の注意点

アクが強いので変色に気をつける!

アクも強いので他の方がブログで書かれているように苦味ありなので味見した方が良いです。

ブログ用に写真を撮影していた僅かの間でさえも、綺麗なクリーム色が変色してご覧のような灰色に変色

大慌てでレモンを絞ってみると、変色が止みホッとしました

残念な、ドス黒い色に変色てしまい、バナナの花を美味しく初めの意気込みがダウンしましたが、、めげずに調理して

南米風サンドイッチトルティーヤを完成させ食べましたが美味でした。

バナナの花まとめ

バリ島の市場でバナナの花と私との出会いから始まり、興味津々で食べ方をバリ島の人に聞いたり、ネットで調べたりしました。

何しろはじめて見て、聞いた物事でしたから。

バナナの花に飾りがついてます。花は白い布部分(ウブド宮殿)

私の滞在していたウブド周辺では地域により、家庭により食べたことがある人、ない人に別れていました。レストランやワルンと呼ばれる地元の食堂でも、数件バナナの花を使ったスープやカレーをメニューがあるお店もありました。

バナナの花はメインの食材ではありませんが、実際食べてみて栄養や滋養があるものだなと、そんな印象を受けました。

バナナの実は栄養がある食べ物としてよく知られている訳で、その花で花の中に栄養豊かに育っていくバナナの赤ちゃんが何十本もあるのですから確かに栄養価は高そうです。

変色しますし、赤い花びらは食べられないので下ごしらえに手間がかかりますが、滋養が豊富だということで別の調理方法カレーや和え物に挑戦したり、バリ島で地元レシピを食べてみたいです。

フィリピン、インドネシア、タイ、南インドなどバナナの生産地ではバナナの花(蕾)熱帯気候のトロピカルフルーツバナナの花ですが。日本ではバナナが自生する南国沖縄のぞいて、バナナの花を手に入れるには難しいでしょうね。

只バナナのハナのハートと呼ばれる、缶詰は売られています。

皆さんも、南国の国に行ったりバナナの花のレシピを見かけたら是非試してみたくださいね。

 

ブログランキング応援クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事