バリでバイク タクシーを使いこなすススメ

バイク タクシーとは

インドネシアではバイクタクシーはOJECKという

バイクタクシーとは?

文字通りタクシーのバイク版。バイク人口が車人口より多いインドネシアでは、タクシーもバイク版がありOJECKと呼ばれるバイクタクシーがポピュラー。

バリでは電車バスなどの、公共の交通機関が日本のように便利ではありません。また細い路地や整備されていない道路が多いのでバイクの方が車より実用的。

OJACK(バイクタクシー)はバリで観光するにも、便利な移動手段なんです。

写真出典:https://www.go-jek.com

バリでバイクタクシーは移動にトテモ使える

知らない人と乗り物を共同で使うシステムのカーシェアリングの様なものは、日本の人には「怪しげ」に思えるかも知れませんね。

又2人乗りのバイクを、タクシー感覚で使うには「抵抗がある」という人も少なくないでしょう。ですがこのバイクタクシー、インドネシア国内では幅広く利用されている移動手段なんです。

バスや電車がはあまりないバリの移動手段。少し出かけるのに車のタクシーを毎回使うのでは交通費がかさみますし、レンタルバイクを借り自分で運転するのも慣れない外国ではどうか?とそれぞれ難点があるので、実際バリ島に来てみて現地で移動する段になると「やはりOJECK(バイクタクシー)だ、便利じゃないか」という事になるんです。

ただ、、利用する時の注意するべき事があります。バイクタクシーの拾い方や値段交渉など日本ではあまり体験することのない事柄になります。

そこでこの記事では、OJECKバイクタクシーの利用の仕方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

インドネシア·バリでバイクタクシーを使うのはナゼ?

車はバリではマダマダ贅沢品

そもそも何故バス・タクシー等の車が少ないか?ですが、、

車人口の方は、最近物価が上昇しインフレが進むインドネシアのバリ。人々の生活も豊かになりマイカーをもつ人が増えたとはいえ車は一般的に手の届かない値段の高級品。

なので移動手段にはバイクが圧倒的多く。各家の一人一台がバイクを所有している事も珍しくありません。車の代わりにバイクがファミリーカーに使われ、家族4人乗り、パパ、ママ、子供2人などで楽しげに移動しているのをみかけますし、

そんな背景もバイクタクシーのドライバーが多い理由です。

バイクの方が使える理由

車のタクシーよりバイクタクシーの方がバリでは重宝です。

バリ島は愛媛県くらいの大きさの、山あり谷ありの凸凹のある島。道路は山道でアップダウンが有ったり、田園地区の路地だったりと多くの道の道幅はせま〜く、車が走りやすい広々とした道路は島全体を観ると、ほんの一部で多くはありません。

なのでバイクの方が実際の生活には便利です。

ウブドやデンパサールなどの交通渋滞も、バイクのほうが合間を縫って、スイスイ走れたり裏道が通れたりもします。

又観光や買い物にでかけた時、ウブドなどの数キロ離れた観光地から観光地の移動や、買い物をした後そう遠くない宿泊先に帰ったりする場合のチョットした移動時に重宝です。

バイクタクシーのメリット、デメリットは?

バリでバイクタクシーを利用するメリット

•車のタクシーより安価

•他の交通機関より、気軽に利用できる。

•南国の風を体に受けて走るのが気持ちいい

バリでバイクタクシーに乗る時、快適に利用する際の注意点

•ドライバーを選ぶ必要がある、親切な人もいますが、そうでない人もいるので要注意。

•値段交渉、バリでは定価ではなく外国人は高い料金をいわれるのがお決まりです。なのでドライバーと掛け合い値段交渉する必要があります。事前に相場を調べて望みましょう。※記事下に交渉の仕方について説明有

•バイクタクシーは一台に乗客が一人しか乗れないのがデメリット、2人以上だと車のタクシー利用か、2台のバイクタクシー利用になります。

バイクタクシーの乗り方

バイクタクシーが乗れる場所

■バイクタクシー拾える場所

•観光地や街角の一角にあるタクシーバイクタクシー乗り場。ドライバー達のたまり場になっています。

流し営業。これは道を歩いているとバリでは「ハロー、タクシー!」と良く呼びかけられるんです。日本では危ない系と判断されるものの、バリ島ではバイクタクシーの一つの営業方法なんですネ。鬱陶しいのですがアジアンな活気です。

バイクタクシーは副業も多い、例えばのお土産物屋さん等のお店のの張り紙に「バイクタクシーと☎の宣伝」があったら副業でバイクタクシーをやっているということで、割りあい良く見かけます。

又普通のお店の店員さんに頼めば、リクエストに応えてバイク白タクになってくれる事もよくあります。

近寄りにくいタクシーのお兄さん

お土産物屋さんのお母さんの、息子さん白タクでお客さんを待ってる所ですが、凄みがアリ過ぎです。身元は確かなんですけどね。

私の場合、、、

流しのバイクタクシーよりは、街のタクシー乗り場のお兄さんとか誰か身元がわかる人に、お願いするようにしています。その方がなにかと安心ですから。

後は知らない人よりは良いだろうと何回か知り合いのお店の店員さんに、にわか白タクバイクをたのんだ事もありましたが大抵おこづかい稼ぎに喜んで引き受けてくれましたよ。

バイクタクシー相場

バイクタクシー値段交渉が必要

バイクタクシーの交渉の仕方

観光地なら相場があり、距離にもよります、時間帯や、お天気など条件次第で料金が多少変わることもあります。

最初にドライバーに、行き先を言って料金を聞きます、向こうに値段を言わせたほうが良いです。

そして十中八九高い値段を提示してきます。それは、、観光客への挨拶代わり?みたいなもので、向こうはOKしてくれたら儲けものだという感覚なのでアッサリかわましょう。

そして、こちらの希望金額(相場は事前に調べる必要がありますが)数回交渉して少しずつ相手と値段とすり合わせていきます。

又短距離2,3kmの移動の場合最低金額で何処まで走ってくれるか交渉するのが基本です。

2018年夏で外国人の場合20,000RPが最低料金のようでした。(状況によってはモット安い事もああるかも知れませんが目安です)

他のポイントは小さい金額の紙幣を常に用意しておくことです。お釣りがないと困りますし。大きな紙幣しか無いと、交渉した金額で料金を払えない事もありますから。

バリではナゼ高い値段を言われるか

バリではお金を持ってる人と、お金を持ってない人と物の値段が違う、そういう物だと子供の頃から見聞きしてきたバリ人と、そうでない日本人とでは感覚が大きく違います。

又バイクタクシーのドライバーの間では決まった相場があり、客層によっても値段が違います。タクシー仲間の前で安い料金を提示することは出来ないのが決まり事のようなのです。頑張って交渉するなら一人でいるドライバーの方が良いです。

バイクタクシー利用時の注意点

バイクタクシーは長距離移動には不向き。交通事故のリスクが高くなるので。

またドライバーの選定には運転に安心感があるドライバーか、料金などで揉め事にならないドライバーかある程度見極めたいもの。

女性の一人旅なら暗くなってから、何処の誰かわからない流しのバイクタクシーを拾うのは、リスクがあるので避けたほうが良いと思います。

GOJECK

バイクタクシーのアプリ、最近人気 GOJEK

携帯にアプリを入れ、行き先で検索すると、登録している運転手が表示される。こちらのアプリは料金が先に表示され明朗会計なので、コチラにはとてもありがたいです。

ただ使いこなすのにはアプリのシステムに慣れが必要なのと、インドネシア語で多少ドライバーと会話する必要がある。

このサービスの特徴は、バイクタクシーだけではなく、デリバリーサービスや荷物の運搬に、お掃除サービスなど各種サービスを扱っています。

解りやすい表示です。右手は料金の表示。

https://www.go-jek.com

まとめ

バリでは実用的で安価に使える移動手段バイクタクシーですが、使ったことがない人は始め躊躇するかもしれませんね。

バリで気楽に試せそうな環境に遭遇したらトライしてみる。みたいな感じでもよいのではないでしょうか。もしも気に入ったらOJECKバイクタクシーを快適に使いこなしてバリの旅を満喫してくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村ブログランキング応援クリックお願いいたします!!

スポンサーリンク
おすすめの記事