ウブド市場·マーケット買い物勝負は午前中!!

バリ気分なウブド市場

王宮の路地を挟んだ斜め向かいにある。ウブド市場はウブドの中心地。
ゴチャゴチャした商店が数百店も軒を連ねるパサール。

ウブド王宮の斜め前通りを挟んでいる。

2階建ての建物は迷宮のように入り組んでいる。建物は一つではなく2つ新しいのもある。

場外のような路地に並んでいる、露天パサールと、小さな店が、周囲に広がっている。雨が振りやすい季節など屋根付きの、市場でイロイロなものが観て歩けるのはありがたい。

スポンサーリンク

ウブド市場 買い物勝負は午前中

兎に角朝、午前中が、ウブド市場で買い物に、おすすめの時間帯。
営業時間は厳密に決まっていない。

早朝は05:00時前から、野菜、果物、バリ菓子などの食料品、雑貨などが買え、行ってみるとバリ人の生活パワーが、朝からすごい。混ざって果物な菓子などを、値切って買うのも楽しい。

数多い雑多なお土産物を売る店。

お土産物をウブド市場に買いに行くなら、、、遅くとも、午後14時位までに行ったほうがよい、15:00時以降で店じまいする店がボチボチではじめる。

ウブドマーケット屋内の延々と続く店。建物内とマーケット入り口。

只、市場にも建物内部(2件新旧の建物)と、場外市場もあり屋外の市場は夕方くらいまで開いている。品数が圧倒的に多いのは建物内部の方。

夕方の散策がてら買い物が楽しめるウブドマーケット路上

市場では、値切らにゃアカン

結構ゲンナリするんですけど、、、楽しいと云えば楽しい。

生活が掛かっている、バリ人店主達は、日本語も達者。店舗の軒先を通るだけの短い間に「日本人ですか、どこから来ましたか」「1000円だよ」「バリ更紗、コットン」「幾らなら、買いますか」と、イロイロなことを囁かれたりする。

写真はスペイン人のお姉さん2人組が、値段交渉している所。

バリの物の値段には、ツーリスト価格とバリ人価格が当然のようにあります。

観光客が押し寄せる、観光地のウブドマーケットでは、更に、、

・仲間内扱い:インドネシア観光客
・好敵手:西洋人、中国人観光客
・人の良い上客:日本人観光客

と、、上から順に高い値段で商売してきマス!

日本人はハッキリ言って、カモネギさん扱いですね〜
大抵最高値から始まるんです。

言い値では買わないのが、世界共通の常識。

「どうすれば?」てお思いでしょうが、、

黙って立っていれば、安くなるので、値段交渉が苦手な人は、黙って様子を見てみよう〜

興味が無いふりをして、店先を立ち去るお芝居をするだけで、商品の値段はドンドン下がるもんです。

大抵、最初の値段の半額程度に落ちますから!!!

グッドラック♡

ブログランキング応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事