バリ島のシルバーアクセサリーおすすめ店は日本人オーナー

バリシルバー細工
アクセサリーの素敵

 

繊細な銀細工が魅力的なバリシルバー。

神秘的お守り、ガラムボール、指輪、イヤリング。

折角バリに来たなら、お気に入りを手に入れたいもの。

ウインドーショッピングで、イイなと思えた物に出会ったら是手に入れたいもの。

又バリでなら、自分でシルバーをオーダーできて、価格もリーズナブルです。

バリでシルバー買う時
ポイントと注意点は?

バリで自分に合うシルバーアクセサリーを見つけたい!

とは云え。。。

買い物天国のバリ。

店も品物も溢れるほど多く、街を歩けば目眩がする程。

結局、観ているうちに欲しいものが解らなくなり何も買わず。

というのはよくある事でしょう(私はよくあります)

又、アクセサリもー洋服も、一見色々ありそうです。

ですが実際、

西洋人の女性たち、大柄で派手な顔立ちの人に合うデザインが多く、日本人の背格好スタイルに似合うものはあまり無いのでは?と思えます。

日本人の女性には「形などバランスが微妙」「色柄がなじまない」事が多く、似合うものが、品数の割に少ないのです。

他に、

町中の知らないお店で、イザ買い物をする時「信頼できるお店か?」思えてきて

「本当にここで買っていいのかな?」

「値段は相応なのか?」

「品質はどうか?」

と、考える事も多もよく有ることで、

特にアクセサリーを買うときは、良く吟味したいものです。

そんな時は、信頼のできる良いお店に行くのが一番でしょう。

今回は参考になればと、バリでお勧めの日本人オーナーのシルバーのお店の記事です。

サヌール・サヤン・シルバー

数年前私は、長年持っていた青い半貴石ラピスラズリーで

「ジュエリーをオーダーメイドしたいなぁ」と、思いバリにやってきました。

そんな時、ネットで発見したのが

サヌールにあるバリシルバー伝統工芸のお店サヤンシルバー。

嬉しい事に、日本人女性めぐみさんという方がオーナーのお店でした。

スポンサーリンク

ジュエリーをオーダーメイドしてみた

コチラで、ラピスラズリーのアクセサリー他数点の製作をお願いしました。

めぐみさんが店頭で、実際ジュエリーを見せてくださり、相談、受注にかなり丁寧に対応してくださいました。

デザインの詳細を職人さんへの指示する所なども抜かり無く完璧でした。素晴らしい仕上がりで結果大満足でした。

作り直し、修理などもお願いできる所がGood

シルバージュエリーは細工に寄っては、繊細で扱いに気をつけるべき物もあります。

オーダーしたのは数年前の事でした。その後

サヤンシルバーさんで造った、エスニック調の細工の繊細な指輪を、パーンと壁にぶつけてしまい、指輪が歪んでしまったのです。

そして再び渡バリした際、サヤンさんのショップへこの指輪の修理を依頼しました

すると

この位の修理でしたら、無料でやってますから〜」

と日本人女性オーナーの恵さん。

代金無料?!

驚きの対応で「感激」でした。

今時「無料で修理て」珍しくないですか?

ジュエリー購入後の修理、アフターケアーもお願いできるなんて素晴らしいです。

最も商品や状態によって料金が掛かる事もあそうですが、とにかく良心的です。

サヤンシルバーお勧めの理由

■サヤンシルバーがお勧めの理由

・造り、シルバーの原料が良い。
・商品の種類が豊富で、選びやすい。
・料金が良心的。
・めぐみさんに日本語で相談できる

と云う事で

バリ島でシルバージュエリーを買うなら、サヌールのサヤンシルバーさんが100%お勧めです。

サヌールにショップが2店舗あり、最近工房もオープンしました。サヌールに行ったら是非覗いてみて下さい。

お店歴史深掘りコーナー

バリの銀細工の素敵なお話

今回の記事では私と、サヤンシルバーさんとの出会いそして、バリでシルバーを買うならコチラがお勧めということでご紹介しました。

ですが更に、「めぐみさん」「お店について」「バリ島銀細工事情」

「私達がバリ伝統工芸銀細工のアクセサリーを手にできる幸運さについて」

を、知って頂けたらと思います。

 

バリ島はサヌールのシルバーショップ・サヤン(Sayang)

・お店の始まり
2006年オープン2018年で開店12年目を迎えます。

サヤンの前身は、私が日本で始めた、「バリ雑貨の店」当時は、バリ島で出会った、たくさんの手工芸品、色々な雑貨を取り扱っていました。
その中あるシルバー職人さんと出会いました。

・バリの銀細工に惚れ込むめぐみさん

元軍人のそのおじいさんは、日々淡々と、老眼鏡をかけて、ただひたすら銀線を巻き、シルバーの粒を並べ、それは見事な芸術品を作っていました。

細かい模様がびっしり施された銀線細工に、私はどんどん惹かれていきました。

ただ、当時から、バリ島では銀線細工の職人が減っていました。時間がかかり、膨大な作業量を必要とする銀線細工は、若い職人さんを中心に敬遠されているようでした。

「銀線細工の技術を守りたい」私は強く伝統技術を保持するために、バリシルバーの職人を育て、次の世代につなげる必要性を感じました。

・ショップ・シルバー・みんなへの思い

そのために、ある程度の数を制作し続ける必要があり、それを販売して、適正な工賃を払い、職人として誇りを持って働いて欲しい、そんな思いからシルバーだけを扱おうという決断をしました。2008年頃です。

モットーは、伝統技術には妥協しない。

バリ島に伝わる伝統的な加工技術と、バリ島ならではのモチーフの、ほかにないアクセサリーが欲しいな、と、日々職人さんたちとともに商品を作っています。

私たちが作ったシルバーが、日々の生活の中で、小さな幸せだったり、喜びだったり、安らぎだったりをもたらしてくれる「何か」になれたら、うれしく思います。

ショップ案内

・名称:
サヤン・シルバ(Sayang - at Semawang)

・営業時間:
9:00am-22:00pm

・ショップへ行き方
サヤンシルバーはサヌールに全3店舗あります。コチラは一号店のショップでサヌールのスーパー、ハーディスの真ん前。ダンキンドーナッツから、、

2km程。歩くには、特に暑いと辛いです、交通量も多い通りを通過します。バイクタクシーで最低20,000RP〜という距離でしょう。(2018年春)

コチラお店の前の通り

・住所:
Sayang - at Semawang
JL.DanauTamblingan No.190 Sanur Bali Indoneia
[周辺地図][map address="Sayang - at Semawang JL.DanauTamblingan No.190 Sanur Bali Indoneia" width="100%" height="300px" api="AIzaSyDsXswf5cH0Nub-kXYZhaX7TelIjbZdEE0" theme="" class=" dp-map-centered" zoom="18" draggable="true" controls="true"]by Google map

・☎: +62 361 4721814
・公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト:www.sayang-bali.com
・Face Book:https://www.facebook.com/SayangSilver/
・コンタクト:http://www.sayang-bali.com/contact.html

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村ブログランキング応援クリックお願いします!!

スポンサーリンク
おすすめの記事