バリ観光ビザVOAを移民局で延長した午後【ウブド滞在私の場合】

バリの到着ビザVOAの延長手続きを
「ウブドの代理店」を使って
手続きした午後のお話

バリ島に2ヶ月間滞在ということで、、デンパサール空港で到着ビザVOAを35$支払い入手した私。

このVOA到着ビザは30日間の期限で、更に30日延長して合計60日バリに観光ビザで滞在できるのです。

「ウブドに滞在」する私が「ウブドの代理店」に依頼してVOA (VISA ON ARRIVAL)到着ビザを延長したのですが、

手続で当人が、デンパサールの移民管理局に一度出向いて「インタビュー」と「写真撮影」「指紋登録」をしなければならないんですね。

今回の記事はバリ島の移民管理局での、到着ビザ延長しとある日の午後のレポートです。

バリ島にVOAで入国した私のビザ手続き

バリ島に入国した際空港で、到着ビザVOA(Visa on arrival)を35$で入手しました。
そして、、1週間後にウブドの旅行代理店でVOA到着ビザの延長を依頼しました。

依頼した日は、、、

·パスポート
·バリ島を出国時のチケット
を持って行き

代理店にある申請書類に数カ所サインするだけ

そして手数料約7000円程を支払いました。

代理店によって手数料はマチマチですが、私が利用している代理店はデンパサール移民管理局にまでの行き帰りのタクシーでの送り込の料金。

私が数件調べた中では良心的な値段でした。

同じ料金でも、「デンパサールの移民管理局までの往復を自分でアレンジする」代理店が殆どだったからです。

ウブドからデンパサールまでのタクシー代は片道2000円弱ですから往復4000円程になります、バスなどの他の交通機関は便数が少なく、乗り換え等考えると、、実用的ではないんですね。

しかも

デンパサールの入管に行き、自分で直接手続きすると

3回出向く必要があるので、交通費だけで既に今回利用した代理店の手数料を上回るんですね。

3回の移民管理局に行くんです!
①VOA延長申請
②インタビューと写真撮影
③延長後のパスポートの受取

入国管理局から離れていない場所に滞在するなら自分で行くのもいいと思いますが、、

私のように滞在先が遠い人は代理店に依頼した方が、時間的にも料金的にも断然負担が少ないです。

ということで、、、

VOA延長インタビューに行ったある日のお話です

スポンサーリンク

移民局でVOAビザ延長inデンパサール

12:00 代理店送迎車との待ち合わせ場所へ

13:00デンパサール移民管理局到着

入国管理局の建物の中へ

暑いバリの午後のインタビューなので、冷房が効いた待合室が嬉しい〜

現職員に番号札を貰う

順番待ち

順番25人待ちで自分の番になるまで1時間程椅子で待機

14:15VOA延長インタビュー開始

小部屋に入り担当係官が、まずは写真撮影。

パスポートの名前を読み上げながら本人確認
インタビューで聞かれた事
①名前の確認
②バリ島での滞在先、ウブド
③滞在目的、ヨガ、観光等を回答しました
④指紋登録(全部の指です)
⑤終了

時間にして5分程の短いインタビューです。
只一番チェックされるのが、バリ島で観光目的で入国して「仕事をして収入を得ていないか?」
例えば「ヨガをしています」と答えると、、
「インストラクターですか」と尋問されます

こんな調子で、チェックされるのです。

無事にインタビューが終わったら、、

14:30入国管理局を後にウブドへ

で、、
ウブドの旅行代理店まで車の中では女子会に、、

無事ウブド到着

入国管理局インタビューも終了です

3,4日後にビザの延長は完了。連絡が届きます。

ブログランキング応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事