たびれじで バリ島渡航情報を外務省から受け取る

バリ島火山や渡航情報のメールが外務省から届く

 

バリ火山噴火の事に限らず、海外のニュースを何かしら耳にするこの頃。今どきの海外旅行、万が一に備えて情報収集、連絡方法を知っておきたいもの。

•火山噴火
•地震の自然災害
•乗り物の事故
•病気の流行
•テロ

写真出展:外務省海外安全情報

そこで・・・・・

オススメしたいのが、外務省発行のメール海外安全情報
たびれじ、
旅レジとも言うよう。正しくはたびレジ
旅(する人が)レジストレーション(登録)から作られた造語
スポンサーリンク

外務省のたびレジとは

海外安全情報という外務省の公式サイトは、世界中の国の渡航事情や注意事項が掲載されているサイト。
自然災害、流行病、テロ、政治情勢を、タイムリーな危険度によって
①注意
②警戒
③渡航を見合わせる
④その国にいる場合避難勧告

警戒警報とその詳細が掲載されているサイトです。たびレジとは、4年まえに開始されたばかりの外務省の安全対策サービス、海外安全情報メール版で、海外に短期で渡航する人たちを対象としたシステム。まだ新しいので知らない人も結構いるみたいですネ

WiKipediaより

たびレジ

日本の外務省による、在留届の提出義務のない短期渡航者を対象にした登録システム登録すると滞在先の緊急情報や安全情報をメールで受け取ることが出来る。

2013年1月のアルジェリア人質事件を教訓に、渡航情報などの提供や緊急事態発生時の対応に活用することを目的とする。2014年7月1日より運用開始されたメールマガジン。

バリ島火山 警戒レベル外務省サイトで正確に把握

アグン山噴火警戒レベル、今幾つかな?
1•2•3か4のどれか?ダヨ〜ナァ

疑問に思っている事を届いた外務省のメール「たびレジ」から安全情報のサイトにアクセスして。正しい情報が確認できま〜す!

2018年7月11日現在の最新情報
https://www.anzen.mofa.go.jp/

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2018年07月12日(日本時間)現在有効です。
インドネシア:バリ島アグン火山の警戒レベル引き下げ(その5)

2018年02月13日
【ポイント】
●インドネシア当局は,2月10日,バリ島アグン山の噴火警戒レベルを最高の4(危険)からレベル3(警戒)に引き下げました。これに伴い,アグン山の立ち入り禁止区域は,これまでの火口から半径6kmから半径4km圏内に縮小されました。

●アグン山の火山活動状況については,引き続き注意が必要ですので,最新の情報収集に努め,安全に十分注意してください。

【内容】
1 インドネシア火山地質災害対策局(PVMBG)は,バリ島アグン山の火山活動に関し,最近の観測データの分析に基づき,噴火警戒レベルを最高レベルの4(危険)からレベル3(警戒)に引き下げました。

2 警戒レベルが引き下げられたことに伴い,アグン山の立ち入り禁止区域は,これまでの火口から半径6kmから半径4km圏内に縮小されました。

3 アグン山の火山活動状況については,噴火警戒レベルが引き下げられたものの,引き続き注意が必要ですので,今後も関連の最新情報を入手し,安全に十分ご注意ください。

外務省 たびレジに登録するメリット色々

メリットは大きくわけて2つ

たびレジに登録しておく利点は、安全情報の入手と、緊急時の連絡の2点

旅に出る地域の、海外安全情報で警戒注意情報を、事前にチェックできます。

海外で何起きた時、注意すべき事が多くあります、事件や事故の異変があった際、スグ通知が届き自分でも対策がとが取れます。

私は普段フランスに住んでいますなので在留届をコチラの総領事館に出していますがたびレジに登録しています。それで、数年前起きた、ニースのテロの花火大会の夜、事件の直後直ぐ夜中でしたがメールが総領事館から届きました。こんな風にたびレジ登録をしておくと、渡航先の緊急の知らせが届きます。

・今年2018年に入って起こったこと
海外での自然災害、噴火や地震多発
タイでの観光船事故
バングラシュでの邦人銃撃

■海外の旅先での緊急時の連絡
海外に旅行でトラブルに巻き込まれた時に登録しておけば、急を要する緊急時、日本の政府にメールで即連絡できます。

※例
•テロに遭遇した
•地震災害にあった
•事件に巻き込まれた

たびれじ登録方法

たびレジの種類は2つ 簡易登録、正規登録違いは?

簡易登録

旅行に行くのは未定で、情報だけ欲しい場合は簡易登録

•簡易登録ページへGO: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

サイトのページに旅先、旅程の期間を登録すると、渡航先の最新情報が受け取れる。

グループやツアーは、数人分(10名分まで)が一度に登録可。たびレジのメール配信も10名まで各自、受け取れる設定も選択できる便利さ。ツアーの幹事さんなど代表が登録する仕組み。

正規登録

こちらは、期限なしの登録個人情報など入力して
外務省たびレジ 正規登録画面
•正規登録ページへGO: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

■たびレジに必要な個人情報

•氏名
•メール
•パスワード
•旅行日程(正規登録の際必要)
•緊急連絡先携帯☎

たびレジの配信を停止したい時は?

ポイントとなるのは、電話番号、メールアドレス等の個人情報。日程が終了すると、個人情報の記録も削除されるしくみ。
但し個人情報は、旅程終了から外務省のファイルに30日残りその後手続きを踏み、完全削除となる。と、サイトに記載有り。

•たびレジの配信停止リンク
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

たびレジアプリ版

アンドロイドとアップル対応のアプリもあり。

スマートフォンで,「たびレジ」に登録,希望する国の海外安全情報を閲覧・受信することができる「海外安全アプリ」

•外務省たびレジアプリ登録ページhttps://itunes.apple.com/jp/app/

スマホで直ぐ情報確認できて、ダウンロードしておけば便利そうです。只アップルストアーなどで不具合があるという口コミが気になります。改善されたんでしょうか?

まとめ

日本は平和で安全な国で、そんな国から、一歩外へ海外へ出かけたら同じ心構えのままではいけない。とドコかで聞いた言葉がを思い出します。
海外安全情報の警戒注意警報やニュースなどを観ていると、何だかどこにも行けないような気にさえなってしまいますが、、

ドコの国に出かけても何か起こる可能性はあります。安全な国日本と同じだと考えず、その時のその場所での注意すべきこと、緊急時の対処方法をいつも心がけておく、平静な時間を有効に過ごす。事が色んな意味での対策ではないでしょうか?

とりあえず!海外旅行のトラブルの備えに無料のコレ

持っているだけで海外旅行も安心できて、年会費無料なので作っておいて損はなし。

海外旅行保険が自動でついてくるクレジットカードが「心配はあるけど、旅行保険料は安くすませたい」というときは万が一の備えに。

理由は、通常クレジットカードは利用付帯」という制約付きの海外旅行保険で自動で保険加入にはなりません。そこで。自動で海外旅行の保険加入になるコチラの「自動付帯」のカードを旅行前に作ると安心です。

【年会費無料エポスカードの詳細はコチラ】

ブログランキング応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事